Ep.00011.ja: 連続した最低な日と日と日も今は過去、前を向く

久しぶりに英語を喋った。3ヶ月ぶりだと思う。COVID-19の影響でCouchsurfingのTravellerは文字通りゼロになったままだ。長く利用していたNativeCampは素晴らしいサービスだが、月のレッスン取得回数があまりに少なく1レッスン何千円よ?な状態を十数ヶ月は続け、辞めた。

Camblyを「週1レッスン・1レッスン15分」のプランを年払いして始めて今日が1週目のレッスン。週に15分。十分だし継続して作れる時間だということが何より大事だ。今日初めて話した人は、これが素晴らしい出会いになったとも言える、これからずっと話してこうと思える人だった。あ、あともう1人2年前から友達になってる奴もいるんだよ。

いつもそうだけれど、レッスンと言う言葉がそぐわない気さくな会話の時間だ。今日の3ヶ月ぶりの15分も。ただ今日、強く持った感想は 「文字だけのコミュニケーションに比べて、かけた時間に対して交換できた情報量がに遥かに多く楽しさもある」 ということ。

去年の9月末に発足したカナダ人とアメリカ人とやっている開発プロジェクト、仕事でやってるんじゃないのでとても進行が遅い。特に俺の対応が遅い。一応年始、先週にワンアクションをキックさせてグッと進められる方針を確定させた。で、まぁグッと進めるのは俺なんだけど、それまでの4ヶ月ぐらいかけたこと、「30分の会話(議論)」でできたんじゃないか。

カナダのエンジニアに、週に1回「15分の会話の時間」を持たないか、と提案してみよう。プロジェクトの進捗がなくそれに関する話題がなくても、15分色々話せたらもっともっと相手を知れ仲良くなれる。

うん。やろう。

🎙️

Daisuke Masuda - 増田 大輔 @x5gtrn
micromikro / x5gtrn.com
SAEKIKAZUMI OFFICE